スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしい


お腹が減って 手当り次第に食べていたら
いつのまにか 君の足を口にいれていました
震えて僕を抱きしめる君は 足から滴らせて

僕は食べていました
その滑らかな肌を飲み込んで
足りなくて
食べていました

うなじにかかる髪が綺麗だったから
僕は食べていました
一本ずつ 奥歯ですりつぶして
喉の奥に流れていって

食べていました
最期のひとかけらを中に滑りこませて
震えて僕を抱きしめる腕がないのに気づき
目から滴らせて

焦がれることすらも 億劫になり
僕は何も食べなくなりました

今でも思い出すのは その味でした

スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。