FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣きたい

濡れた景色を駆けて
葉の露が体を冷やすけれど
どうしてだか血は滾る
指先まで流れる命
かっかと火照る目尻
今わたしは泣きたいのか

じわじわ繋がる心と体
数本の血管が何倍にも増えて
一個のわたしになったとき
体と心全部でわたしは泣く

円が広がって球になる
円が回って球になる
そんなようにわたしは泣きたい
やんわり大きく蝕んで
空気と葉を湿らせたい

青臭い景色に溶けて
わたしの小さな世界全部で泣きたい
実態なんかなくてもいい
触れない痛みを巻きこんで
ただただ暖かく泣いていたい


悲しいんじゃなくて、とっても嬉しいなぁということがあって、それで泣きたくなったのを文字にしました。
好きな人と一緒にいるとき、誰かを大切だと思ったとき、こんな気持ちになるみたいです。
受動じゃなくて能動です。自分が誰かを、のときの気持ちです。
誰かに大切だと思ってもらえるのも確かに泣きたくなりますが、それとはちょっとだけ違うような気がします。

わたしは対人関係に消極的で、受け身で、とても疑り深いのです。
だからこういう気持ちはなかなか無いから、ずっと大事にしていたいんです。

わたしには、まだその気持ちを上手く文字にできる能力はないけれど、いつかちゃんと表せるようになりたいなぁ


スポンサーサイト
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。